z.ohnamiのラフロイグ。

ダミエン氏の日記

CouchDBの祖であるDamien Katz氏の日記にこんな記事が書いてある。
Apache CouchDB and Lotus
この記事の趣旨は「Lotusの中でCouchDBの機能を生かすには?」と問うているところなのだろう。

が、個人的に気になったのはこの記述。

With a local instance of CouchDB (soon to be included as part of Ubuntu),
you can replicate the apps locally and access them in your web browser just as if you were online.

Ubuntu??

記事のリンク先を見てみると、どうやらCouchDBUbuntuの次期バージョンで提供される機能(Data Sharing & Synchronization)を実現するために組み込まれるようだ。

CouchDB is the database for Ubuntu One data sharing and synchronization capabilities.

9.04でもCouchDB単体のパッケージは存在するが、ただそれだけのことだった。次期バージョンはパッケージのみを単体で提供するだけではないようだ。これはかなりワクワクする。

A new desktop application will be developed to allow users to easily share and synchronize their data(contacts, notes, bookmarks, etc.) stored in CouchDB between Ubuntu computers on their local network.

CouchDBはネットにつながっていて何ぼというところもあるだろうが、一番いいのはローカル(オフラインでも)で簡単にCouchDBが稼動できてローカル同士が必要なときにレプリケーションし合えるような状態にすることだ。HTML5のLocal storageを実装するのにSQLiteを使っているブラウザがあるが、これはCouchDBで実装してもいいよなと思うことがある。
FireFoxのブックマークの例なんかもあって、新しいUbuntuがとても楽しみだ。

それにしてもダミエン氏は悩んでおられるのか?

広告を非表示にする