z.ohnamiのラフロイグ。

電車などでゲームしない人なんですが

昨夜。山手線で人身事故があった。

影響が大きかったのか、運転の再開予定は未定とアナウンスが流れて
電車が動かなくなった。

選択肢は「電車を降りて歩くなりタクシーなりで移動する」というのと
「運転が再開するまで車内で待つ」という二択。

自分は「待つ」ことを選んだ。
そこでおもむろにスマホを取り出してゲームをやってみた。

こういう時、ゲームは気持ちが和んでいい。
日頃電車の中などでゲームはしないのだけど、この時はあってよかったと思った。

スマホである。こういう時はスマホの汎用性は素晴らしいと思う。
ゲーム機では駄目だ。ゲームをしたいと始めから意識している人じゃないと持っていない。携帯していない。

自分は今、時流に乗ってWEBベースのゲームを開発する仕事をしている。
時々自分でなぜこんなことをやっているんだろう、もっと他に人の役に立つ仕事があるじゃないかと思うことがあるけれど
ああ、何かしらどこかのタイミングで誰かの役にたっている瞬間があるのかもしれないと思って、自分の仕事の価値を見なおしたのでした。

ああ、でもゲームをやってくれるのはうれしいのだけど
狭い通路で歩きながら遊んでいる人をみるとスマホを取り上げて線路にでも放り投げたい衝動に駆られることもしばしば。

広告を非表示にする