z.ohnamiのラフロイグ。

Club DB2「リレーショナルとはどんなことか」

id:mickmackさんのお話をClub DB2に行って聞いてきた。RDBSQLの総論的なお話だったので、自分の中でRDBを再び見つめ直すいい機会になった。
「パフォーマンスは金で買う」というお話、まったくその通りだと思った。性能のよいモノを買うことで、やりたい事を達成できるならこれほど楽なものはない。後でヒトがパフォーマンスチューニングをするほうが余程費用がかさむし、調整が面倒くさい。アメリカで物量作戦を取りやすいのは、社員のクビを切りやすい企業風土があることも影響しているのだろうか。日本だと社員の仕事を守る必要がある都合上、設備投資よりも職人芸のほうが歓迎されやすかったりしてなどと、話を聞きながらぼんやり考えたりもしていた。その場合、昔からの仕事を続けさせるのではなく、新しく且つ、単なる設備投資では対応できない仕事にヒューマンリソースを割くというのが会社としては正解なのだろうけど・・・
Q&Aで出た質問で面白かったのが、「RDBにアクセスするのって別にSQLじゃなくてもいいんじゃない?」という話。確かにそうですね。そのあたり、もっと新しい表現方法を考えてみるのは面白いかもしれません。
Club DB2ってすでに100回を超えているんですね。3桁!!自分も過去に勉強会を何度か運営したことがあるけど、ここまで続けることができているのってすごいことだと思う。もうすぐ4周年だそうで。素晴らしいですね。

広告を非表示にする