z.ohnamiのラフロイグ。

CouchDBからGAEへの移植

この前作った「必殺!!仕分け人Z」をGoogle App Engineに移植してみました。移植のついでに仕分け結果を段階的に表示させるようにしてみました。そのほうが仕分けボタンをクリックした後にドキドキ感が出る気がしたので。GAEがどんなものなのかを知りたかったので、勉強がてらにやってみました。
仕分け結果は永続化してあるので、URLをコピーしておけばいつでも当時の仕分け結果にアクセスすることができます。面白い結果が出たら、お友達にURLを教えてあげるといいと思います。
必殺仕分人!!Z(GAE版)
チュートリアルに沿ってひととおりやってみて概要をつかんだ後、そのままコードの一部をPythonに書き換えました。移植していて、一番悩んだのはCSSのところでしたw CSSを一度に覚えるのは無理ですね。本とかWebとか調べながらやっているとサクサク感がなくなってしまいます。パターンがある程度自分の中で出来上がってくるまでは試行錯誤が続けていって身に付けていく感じですかね。
それにしても、こうした環境を無料で提供しているGAEってやっぱりすげぇ。自分の企画やアイディアを形にしてスタートに至るまでの敷居が一気に下がっていますね。

広告を非表示にする