z.ohnamiのラフロイグ。

紅茶はポットで出てくるが

コーヒーはカップに注がれてくることが多い。なぜだろう。
ポットだと少なくても1.5杯くらいは入っていてお得感がある。かといってレストランなどでコーヒーのお代わり自由なところもある。そういうところでは逆に紅茶がお代わりできなかったりする。同じような目的の飲み物なのに、お店によって扱いが違うのが面白い。

広告を非表示にする