z.ohnamiのラフロイグ。

スクワットを

電車の中でやっている中年の男性がいた。乗り降り口付近の縦の手すりにつかまりながら。なんてフリーダムなんだ。あらゆるものから開放されている。自分には真似できない。車内にいた人たちは自分も含めて見て見ぬ振りをしている感じだった。
自分が学生で銭湯通いをしていた頃。そこでもスクワットおじさんをよく見かけた。体を洗った後、湯船につかる前にスクワットが必ず入る。しかも湯船の前でやるからほかの人たちにとってはいい迷惑である。その姿が重なって、思い出した。当時の銭湯はすでに取り壊しになってしまって跡形もなくなってしまった。あの人はその後どこでスクワットをしているんだろう。

広告を非表示にする