z.ohnamiのラフロイグ。

ハイボールがキテいるのか?

実に素晴らしい記事だ。以前、ウィスキー勉強会をしたときは、出荷量が下がっていることを知ったこともあり、しんみりしてしまったこともあっので。
とりあえず「ハイボール」…居酒屋などで人気復活
「ハイボール」居酒屋で人気復活?

これから暖かくなるにつれて

ハイボールはますますうまくなる。

だったらいっそのこと、自分で作りたい!

是非、「角」を冷凍庫に入れてキンキンに冷やして試していただきたい。もちろん、ソーダも冷やしておいて。ビールと違って面白いところはウィスキーの銘柄によって同じハイボールでもまったく味わいが違う点だ。私のプロフィールの写真はラフロイグ10年ですが、これもソーダ割りにするととても美味しい。ストレートにはない華やかさがある。数十年という長い月日の間、閉じていたものが一気に花開く感じだ。まさにこれからの季節にふさわしい。もちろん角も美味しい。日本人によるウィスキーだから、日本人の味覚に合わないわけがない。

ついでだから、紹介!!

青山にある「Splitz’Aoyama」というお店ではスプリッツという飲み方でウィスキーを味わえる。一般的なソーダ割よりもさらにアルコールを軽くしたソーダ割りといった感じだ。スプリッツが入ったグラスが近づいてくるとシュワシュワという心地よい音が耳に飛び込んでくるのがいい。

大きな地図で見る

広告を非表示にする